プロバイオティクス Lactobacillus gasseri SBT2055を含有する発酵乳の摂取による肥満者の内臓脂肪低減効果の検証

効果 肥満者の内臓脂肪低減効果
成分/商品 プロバイオティクス Lactobacillus gasseri SBT2055を含有する発酵乳
Author 1)雪印メグミルク株式会社 ミルクサイエンス研究所  2)雪印メグミルク株式会社 商品開発部  3)よこはま土田メディカルクリニック
試験デザイン プラセボを用いた二重盲検無作為並行群間比較試験
N 105名
被験者

年齢が20歳以上65歳未満の男女で、BMI値が25kg/㎡以上30kg/㎡未満かつ内臓脂肪面積が80c㎡以上であり、以下の基準を満たしているものを対象とした。

・投薬治療を受けていない。

・重篤な肝障害、腎・心疾患、臓器障害、糖尿病、食物アレルギー疾患、その他重篤な疾患に罹患していない。

・血中の中性脂肪、LDLコレステロール、空腹時血糖、ヘモグロビンA1c(HbA1c)、アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ(AST)、アラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT)、γ-グルタミルトランスペプチダーゼ(γ-GTP)の各値が「人間ドック検診成績判定および事後指導に関するガイドライン」においてA~C判定である。

・通常の飲酒量が1日あたりビール換算で500mL(アルコール換算量で25mL)以下である。

・喫煙本数が1日あたり平均20本以下である。

・試験期間中に試験食品以外の乳酸食品の摂取を控えることが可能である。

・試験に影響を及ぼす医薬品(乳酸菌製剤・抗生物質など)、特定保健用食品サプリメント、ダイエット食品を利用していない。

検査  項目 1)腹部の各脂肪面積  2)理学検査  3)血液検査および尿検査  4)診察・問診  5)統計解析
期間 摂取前観察期間を4週間、摂取期間を12週間、摂取後の後観察期間を4週間の全20週間
トクホ取得 不明
掲載誌 『薬理と治療』vol.41/no.9/2013




********************

このサイトは、薬事法ドットコムの「林田学」が監修しています。

薬事法に関するお悩みは「薬事法ドットコム」までお問合せ下さい。

■Please share!

■Link

日本臨床試験協会(JACTA)
日本臨床試験協会(JACTA)
健食機能性表示について
健食機能性表示について
健食新制度で使える成分は?
健食新制度で使える成分は?
定量可能な成分リスト
定量可能な成分リスト
臨床試験 登録情報
臨床試験 登録情報
臨床試験の試験期間
臨床試験の試験期間
薬事法ドットコム
薬事法ドットコム